おせち料理の歴史

おせち料理の歴史は古く、平安時代にまで、遡ります。

平安時代でも、位の高い貴族の間で、季節の変わり目や、1月1日のお正月、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句に、

神々にお供えをして、悪魔払いや邪気払いをする節会(せちえ)が行われていたそうです。

その席で出されたのが、「お節供(せちく)料理」と呼ばれていたために、「おせち料理」と呼ばれるようになったのです。

この「お節供料理」は、貴族社会の催しでしたので、庶民には高値の花だったため、

今のおせち料理の原型が作られたのは、江戸時代も後期に入ってからだそうです。

続きを読む

おせち料理を手作りする

この文章を読んでくださっている方々のなかに、毎年のお正月には手作りのおせち料理を作って食べるという方はいらっしゃるのでしょうか。

私は、毎年お店で買ったおせちを食べていますので、おせちを自分で作っているという方は本当に尊敬できると思っています。

さて、私のように毎年のお正月にはおせちを買ってきているという方も最近では多くなっているようで、スーパーマーケットなどでも、年末になるとおせちの予約などの広告を目にする機会が多くなっています。

続きを読む

話しやすい電話占い

色々と悩みのつきない人生を送っています。

だからといって、カウンセリングをうけるとか、そこまでではなく。

ただ、誰かに話を聞いてほしい、何かに背中を押してほしいという内容がほとんどです。

そんなときに便利なのが電話占い。
続きを読む

自分の気持ちを伝える電話占い

小学生の頃に遠足で行った場所など、記憶として鮮明に残っているのですが、それは私の好きな人を友達が周りに暴露したからだと思います。

恥ずかしい思いもありましたが、何かを成し遂げたような気持にもなりました。

自分の中に隠していた大事な思いを相手が知ることの喜びを知ったのです。
続きを読む

電話占いのオペレーター

電話占いでは、電話占い師の質が求められています。

電話越しなので、手掛かりはほとんど声のみ。

そこで、どれだけ質の高い占い結果を出せるかが人気に結び付いていきます。

全然当たらない占い師も少なくありません。

ところが、電話占いでは、占いのみが質が高くてもだめなのです。

それは、電話占いの看板とも言われている「オペレーター」です。

電話占い会社に電話すると、直接占い師に繋がるわけではありません。

最初に電話を受け取る「オペレーター」といった人材がどこの会社にもいるのです。

この「オペレーター」の対応が良くない印象を与えれば、会社自体が信用できないと思われがちになってしまい、イメージは良くありません。

しかし、「オペレーター」の対応が丁寧なだけで、この会社は良い会社だと思われるのです。
続きを読む

人を元気にさせる電話占い

電話占い関連の仕事をしていると、大勢の悩みや苦しみの声を聞くことがあるのですが、人間関係についての悩みが多いように感じます。

特に、男女関係について相談されに来る方も多く電話占いだから気軽に相談できると好評のようです。

私が相談するとしたら友人になりそうですが、プロに話をしてアドバイスしてもらう事で安心感を与えられているのかもしれませんね。

そんな電話占いの鑑定士は、能力は別にしても人を元気にしていると言うだけでも価値があるように思います。

落ち込んでいる人を元気にさせるのは簡単なことではありませんし、逆に変な占い結果を伝えてしまっては、悪い運気を背負ってしまう可能性もあります。
人の心の声をしっかり聞くことが出来る人でないと無理でしょうね。

それだけで十分のようにも思います。
電話占い感情のままに