カテゴリー別アーカイブ: おせち料理

おせち料理の歴史

おせち料理の歴史は古く、平安時代にまで、遡ります。

平安時代でも、位の高い貴族の間で、季節の変わり目や、1月1日のお正月、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句に、

神々にお供えをして、悪魔払いや邪気払いをする節会(せちえ)が行われていたそうです。

その席で出されたのが、「お節供(せちく)料理」と呼ばれていたために、「おせち料理」と呼ばれるようになったのです。

この「お節供料理」は、貴族社会の催しでしたので、庶民には高値の花だったため、

今のおせち料理の原型が作られたのは、江戸時代も後期に入ってからだそうです。

続きを読む

おせち料理を手作りする

この文章を読んでくださっている方々のなかに、毎年のお正月には手作りのおせち料理を作って食べるという方はいらっしゃるのでしょうか。

私は、毎年お店で買ったおせちを食べていますので、おせちを自分で作っているという方は本当に尊敬できると思っています。

さて、私のように毎年のお正月にはおせちを買ってきているという方も最近では多くなっているようで、スーパーマーケットなどでも、年末になるとおせちの予約などの広告を目にする機会が多くなっています。

続きを読む