不用品回収業者へ依頼・契約する

不用品回収業者を決めたら、電話やメール、FAXなどで不用品回収を依頼します。

出来れば文書で残っている方が、後々にトラブルが起きたとき役に立つ可能性がありますので、メールかFAXかで依頼することをお薦めします。

そして実際に不用品回収の契約をする時には、なるべく書面で行なうようにしましょう。

そうでないと、不用品回収後に見積もりの値段以上の値段を請求されたりします。

このとき、契約書があればそれを使って、きちんとした料金に下げることが出来ます。

もし不用品回収業者が契約を文書では出していないというようであれば、そのような不用品回収業者は避けた方が無難です。

契約において日にちと時間を決め、その時に不用品を回収してもらいます。

不用品回収の依頼から実際の回収までは、ほとんど日にちを明けることなく行なえます。

場合によっては、契約したその日に、不用品回収を行なってくれることもあります。

基本的に不用品回収の依頼をした側は、特にすることはありません。

ですが、不用品搬出の際にマンションの壁や柱を傷められないかどうかということを見たり、近所の住人の方々に迷惑をかけていないかどうかということをチェックしたりしなければなりませんので、その場に立ち会うほうがよいでしょう。

場合によっては、不用品回収後のアフターケアとして、クリーニングをしてくれたりします。
(※ 不用品を捨てられる人)

中には、不用品回収によって開いたスペースをリフォームするように勧めてくる不用品回収業者もあります。

特に不動産関連の不用品回収業者の場合、リフォームを勧められることがあります。