電話占いのオペレーター

電話占いでは、電話占い師の質が求められています。

電話越しなので、手掛かりはほとんど声のみ。

そこで、どれだけ質の高い占い結果を出せるかが人気に結び付いていきます。

全然当たらない占い師も少なくありません。

ところが、電話占いでは、占いのみが質が高くてもだめなのです。

それは、電話占いの看板とも言われている「オペレーター」です。

電話占い会社に電話すると、直接占い師に繋がるわけではありません。

最初に電話を受け取る「オペレーター」といった人材がどこの会社にもいるのです。

この「オペレーター」の対応が良くない印象を与えれば、会社自体が信用できないと思われがちになってしまい、イメージは良くありません。

しかし、「オペレーター」の対応が丁寧なだけで、この会社は良い会社だと思われるのです。

これは、どこの会社でも言えますよね。

最初に電話を取る人材が会社のイメージに繋がっていくのです。

ですから、占い師だけが本物ではダメなのです。

占い師と「オペレーター」両方が本物である必要があるのです。

電話占と物販